プロフィール

FC2USER994930OEW

Author:FC2USER994930OEW
心理カウンセラーをしております。人の潜在意識=自分で自覚していない自分が90%あるといわれています。
そんな、自分をより正確に理解するものが、東洋4000年の知恵「算命学」です。

司禄星10タイプ③-土星

十干の組み合わせ方で十大主星が導か出されます。十大主星はそれぞれ10タイプあると言うことです。甲から出来た貫索星と乙から出来た貫索星は違います。日干(自分の心)に他の十干がどのように関わってくるかです。日干=甲⇔乙なら「乙から出来た石門星」と説明していきます。



乙×⇒戊 から出来た司禄星(日干=自分自身が「」)


戊は陽の土星、そびえ立つ山をあわし「不動」という意味です。


戊からできた司禄星は、動かぬ蓄積の型です。自分から動いて財や家庭の平和を求めません。


山のように積み重ねる人です。


常に他力を必要とします。ゴミ屋敷になる場合もあります。


柔軟な乙とでんと構えた戊の連結です。組織、チームを内側から安定させ、守ることには長けています


言葉と行動に矛盾がなく、周囲も安心し信頼関係もしっかり築けます。


トップよりサポート役の方が向いていますが、計画力、実行力には優れたものがあります。


慣れたことをミスすることが多々あります。緊張感を強いる仕事はいいのですが、いつもの出来て当たり前の仕事をミスすることに注意が必要です


甲×⇒己  から出来た司禄星(日干=自分自身が「」)


己は「公平」平和で安定したちと人が暮らす大地をあらわします。己からできた司禄星は、庶民的で家庭的な司禄星。いわゆるもっとも司禄星らしい司禄星です。


日々変わることなく、生活の中から良さが出てきます。


財に対しても、ハイリスクハイリターンは望まず。コツコツとした蓄積型です。


ストレートで頑固な甲と庶民的で安定した己の連結は、とにかく安定した人です。腰の据わった人といえます。


言葉は慎重に発しますが、行動力はストレートに即行動します。組織の問題解決、危機的状況にも積極的に動き、逆境にも精神的に強く、たいがいの事には動じません。


甲のまっすぐな強さ、己の安定感、平和を願う心の連結らしい人です。


意外に文句や愚痴の多いところがあるので注意しましょう。




 ベル自分の算命学の命式を知りたい方はこちらビックリマーク http://www.sanmei-aku.com/sanmei/jintaiseizu.html


 index-siroku_20170915031346473.jpg

スポンサーサイト

司禄星10タイプ②-火性

十干の組み合わせ方で十大主星が導か出されます。十大主星はそれぞれ10タイプあると言うことです。甲から出来た貫索星と乙から出来た貫索星は違います。日干(自分の心)に他の十干がどのように関わってくるかです。日干=甲⇔乙なら「乙から出来た石門星」と説明していきます。



 


癸×⇒丙  から出来た司禄星(日干=自分自身が「」)






丙は陽の火性「明暖」をあらわします。丙からできた司禄星は、明るい蓄積の型で、明るいムードで財を蓄積。集金などがうまく、明るいムードの家庭をつくります


癸は「暗流」コツコツとした地味な存在で丙=「明暖」と連結すると、大人しく、目立たない人ですが内面は人間的な暖かみがあり、なかなか多面的な魅力があるため、深く付き合ってみると魅力的な人です。個性的で感受性も強い人です。




丙とはいえ、癸の地味な影響かさほど情熱的ではありません。意外に肝心なところでお金を惜しむところがあります。


壬×⇒丁 から出来た禄存星(日干=自分自身が「」)


 


丁は陰の火性「孤明」と言われます。特定の狭い範囲を照らすという意味です。丁からできた司禄星は、整理整頓魔、仕分け魔です。


近くで見ると暖かみのある、遠くで見ると目立たない人です。





わが道を行くタイプで、多少の困難にはめげません。エネルギッシュに行動する為、動乱期にも強い人です。難しい時代の商売などには非常に活躍します。





ただ、挫折には弱く、立ち直りも遅い方です。

 







 ベル自分の算命学の命式を知りたい方はこちらビックリマーク http://www.sanmei-ku.com/sanmei/jintaiseizu.html
 



index-siroku_20170915031346473.jpg

司禄星10タイプ①-木性

十干の組み合わせ方で十大主星が導か出されます。十大主星はそれぞれ10タイプあると言うことです。甲から出来た貫索星と乙から出来た貫索星は違います。日干(自分の心)に他の十干がどのように関わってくるかです。日干=甲⇔乙なら「乙から出来た石門星」と説明していきます。






 


辛×⇒甲  から出来た司禄星(日干=自分自身が「」)


 




 
甲は直=ストレートで自我が強くマイペース。家庭の星であり、蓄積財の型の司禄星が甲の質からできると、マイペースで変化を嫌う家庭生活の型になります。まじめで、隠し事のない正直な家庭を作ります。

蓄財能力に関しては、ストレートな蓄積財となり、蓄財方法を変えたがりません。




ビジネス現場で観るとなんでもソツなくこなし、コツコツ信頼、信用を積み重ね、多くの人に慕われる存在です。人脈作りもうまく、人脈を活用して仕事が出来るのが利点といえます。


人との距離感のとり方もうまく、バランス感覚も優れています。





反面、嫉み、嫉妬心が意外なほど強いところがあり、スマートに振る舞っているときとのギャツプが激しいところが評価を下げたりします。


 

 


庚×⇒乙 から出来た禄存星(日干=自分自身が「」)


 


 乙は曲=柔軟で和合性があります。乙からできた司禄星は、柔軟な対応のできる司禄星といえます。


お金の運用も柔軟で、いろいろなところから集め、運用もうまい人です。




ビジネス現場では、明るく非常に活力があり、行動力にも優れている為、多少の困難ではめげません。リーダーに適したタイプと言えます。




ただ、その押しの強さが出過ぎると他人の意見に耳を貸さず周囲に敬遠されます。





 ベル自分の算命学の命式を知りたい方はこちらビックリマーク http://www.sanmei-gaku.com/sanmei/jintaiseizu.html
index-siroku_20170915031346473.jpg

十大主星の仕組み

どうやって十大主星が出るの?は下記の通りです。


十干と十干の組み合わせが十大主星


十干と十二支の組み合わせが十二大従星 です




上を「陰占」と呼びます。 そこから下の人体星図となる「陽占」が算出されます。


(下図は長嶋茂雄監督の命式です)

 indexBg_1K_0no77a12356.jpg


禄存星を鍛える

禄存星は陽の引力本能です。人を広く引き付けるこの質をどう活かすかは核となる考え方です。行動の大義ともいえます。


ただ単に、人によく見られたいでは八方美人になったりもしますが、世の為人の為に愛情・奉仕の質をいかせばスケールの大きな人格者になります。


若い禄存星には人の為に役立つ素晴らしさ、人に喜ばれる心地よさを学ばせる必要があります。大きな志をもち広く愛情・奉仕の光を放射することが禄存星の輝くポイントです。


まずは、気持ちのいい元気な挨拶をする。常に人に笑顔で接する。また温かく優しい言葉をかけ続けるなどから実行すべきです。打算がなく、見返りを求めず、人を幸せにするために活動すれば、長い年月には大きな信頼を得る事が出来ます。


 5-tips-to-be-relaxed-at-interview_20170911000627689.jpg