プロフィール

FC2USER994930OEW

Author:FC2USER994930OEW
心理カウンセラーをしております。人の潜在意識=自分で自覚していない自分が90%あるといわれています。
そんな、自分をより正確に理解するものが、東洋4000年の知恵「算命学」です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MG職の禁句⑦-運が悪かった

営業部長「君の支店の数字OPEN以来一度も予算達成しないな」


支店長「激戦区への出店ですから、厳しいとは思ってましたが、想像以上でした。すみません」


営業部長「そうだな、運が悪かったな」


支店長「はい(怒られないんだ)」


営業部長「とにかくがんばれよ」


支店長「はい、がんばります(根掘り葉掘り詰められると思ってたのに、甘いんだな)」


運を天に任せる・・・という言葉はありますが、上司も部下も結果がすべてのビジネス社会を生きているわけですから「運」という目に見えないもののせいにして悪かった結果をやり過ごすのは絶対にNOです


反省もない、次への戦略も戦術もうまれない・・・・ 甘くぬるい関係はお互い楽ですが、実績もノウハウもアップしません


出来る管理職はまず結果を直視する。原因を突き止め、やらなかったこと、甘かった部分を叱るなり、指摘するなりして、緊張感と具体策を練ります


お互い現場を預かるわけですから「運」で済ませるのは御法度です。


 pic_g074_201804181950271cf.jpg










スポンサーサイト

MGの禁句⑥-うちでは無理

 

部下「最近B社の〇〇に押されっぱなしです!うちも〇〇導入しましょう」




課長「ノウハウもないし、経験者もいないからうちでは無理だろう」



部下「このままだとどんどん引き離されますよ!今やらなきゃもうだめですよ!」



課長「わかっているけど、うちでは無理だから・・・」



これも前回同様、チャレンジの芽を否定的に摘んでしまう2つ目の禁句です。



やろうという意欲に燃えている部下に水をかけるようなもの!繰り返しているうちに職場環境は「出来る方法より出来ない理由を考える」ようになります。



部下のチャレンジ精神は非常にありがたい流れで、発熱した時点ですぐに具体的に動き出すべきです。上司として腹をくくることが重要です。


やってダメだった後悔は時と共に小さくなっていきますが、やらなかった後悔はどんどん大きくなっていきます


gmainvisualhgcjmn

MGの禁句⑤-今までやったことがない

部下「今まで通りの営業手法では数字は伸びません。ここは〇〇をやってみたらいかがでしょう?」

課長「いままでやったことがないからな~ 前例がないよ」


部下「このままま同じことしても数字はおちるばかりですよ!チャレンジしてみるだけチャレンジしませんか?」


課長「今までやったことがないからな~、責任取るのは俺だし・・・」


せっかく芽生えたチャレンジの芽を摘んでしまう禁句のひとつです


前例は大切ですが、環境、状況は常に変化していき、どこかで新しい手法が必要になります。新しいことにチャレンジするには想像力だけでなく、気概や度胸も大切です。


部下が数字にこだわるのは「実績に対し執念があるから」です。執念から工夫が生まれます


前例にこだわり、チャレンジの芽を摘むことは非常に罪なことです。






 311846814_5468eb2971_z_20180409004847fd2.jpg


MGの禁句③-いちいち聞くな

いちいち聞くことは部下の大切な仕事です。


確認することはミスなく確実な仕事をする重要なプロセスであり、自分のOKレベルと上司のOKレベルをすり合わせ、仕事の質をあげることに直結します。


いちいち聞くな」は部下の仕事の質を下げるどころか、「この人はには最低限の事しか言わない方がいい」となり、細かい報告、情報なども流さなくなります。


出来る上司は、言うより聞くが圧倒的に上手です。話しやすい上司、聞く態度の良い上司は仕事の質の高いチームを作ります。


いちいち聞くのが部下の仕事であり、それを遮断するのは管理職の仕事放棄です


 thY0ICQGCJ.jpg


MG職の禁句③-言っても変わらない

「Aに関しては何度も指導し、注意したんですが言っても変わらないので諦めてます」


確かに何度注意しても、指導しても、親身になり具体的やり方まで教えても一向に理解しない、出来ない、改善されない部下はいます。


だからと言って管理職が勝手に諦めてよいということにはなりません


どんな状況であれ、諦めずに育成し続けるのが管理職の仕事です。


不具合のある機械なら改良しますよね。人間の場合、へたに言葉のやり取りができるので「言ってもわからない」になるんです。


出来る管理職は、人の育成の重要性を知っています。また「このタイプはこうする」としっかりした経験学習をしている為、人のタイプ別教育法があります。


 th0EBTYE58.jpg


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。